写真撮影テクニック&写真活用法 > デジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレームというものをご存知でしょうか。

デジタル写真立てやフォトプレーヤーとも呼ばれるデジタルフォトフレームはデジタルカメラで撮影された写真専用の写真立てとして発売されました。

デジタルフォトフレームは一般的な写真立てと同じような外観をしていますが、通常写真を入れていた部分が液晶ディスプレイとなっており、その部分に写真などの画像が映し出されます。

写真などのデータはメモリーカードやUSBメモリといった記憶媒体に保存し、デジタルフォトフレームに挿入して使用するものが一般的ではありますが、中には無線通信機能を備え、デジタルフォトフレームにメールアドレスを設定して、受診させたデータを映し出すといった機能を持っている機種もあるようです。

価格は7.0型液晶のデジタルフォトフレームで15,000円前後、10.2型液晶のデジタルフォトフレームで30,000円前後と、写真立てとして考えると高めの価格ではあります。
しかし、フォトフレーム以外としても、カレンダーや音楽プレーヤー、動画プレーヤーとしても使用できるものもあり、写真愛好家をはじめ、広く一般的にも人気の出てきている品だそうです。

写真を映し出すことを目的としているため、かなりの高画質なものが多く、数千枚の写真を保存できるなど、機能面にも優れた品が多く販売されているようです。

お気に入りの風景や家族の写真など、好きな写真をスライド形式でも展示できますので、インテリアとしてお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。